LOADING
運営より

開発者コメントリレー : PR・プロモーション

2019-01-23

ホップステップジャンパーズをお楽しみの皆様、こんにちは!
ジャンパーズのPR担当をさせていただいている、Studio Zの菊丸と申します!
ジャンパーズの日「開発者コメントリレー」は、開発に携わっているメンバーのジャンパーズにかける情熱コメントや苦労話、こだわり、また、話す機会が限られるような裏話などを公開していく企画です。
僕は主にPR・プロモーションの担当として、開発時期から携わらせていただき、恐縮ながら本企画のトップバッターをさせていただくことになりました。
生放送やジャンパーズTVでMCなどをさせていただいたり、日々公式Twitter(@jumpers_pr)や個人Twitter(@kikumaru_elest)などで皆様と関わる機会が多いかと思いますので、少しでも覚えていただけると嬉しいです。改めまして、何卒よろしくお願いいたします。
ジャンパーズの開発秘話としては、とにかく気合いでした。それに尽きますね。大変だった時期もありましたが、気合いでなんとかしました。
気合いがあれば、大体のことはなんとかなりますね。子供の頃から気合いだけは負けませんでしたし、千葉で一番気合い入ってました。
メンバーのみんなも僕と同じくらい気合いが入ってるので、みんなの気合いが集まった作品だと思ってください。僕からは以上です。
すみません、ここからは真面目に。僕がお話しできる内容としては主に、番組制作・オーディションやコンテスト企画・絵師先生・音楽・声優様・公式Twitterなどなど色々と挙げられますが、今回はイラストについてお話しさせていただければと思います。
ジャンパーズで使用されているイラストは、今回ご協力いただいている漫画家:真島ヒロ先生や、ここではご紹介しきれないほどたくさんの絵師の皆様、クリエイターの皆様によってデザインされました。
今から1年以上も前になりますが、皆様にご参画いただくにあたって、数十ページに及ぶ企画資料をご用意し、僕たちが目指す「クリエイターの皆様を応援する」というコンセプトと、キャラクターデザインのお願いを、お電話やチャットにて一人ひとりご説明させていただきました。
特に真島ヒロ先生はとても共感していただき、直接お話しさせていただいた際も「本当に夢のような機能ですね!」とかなり興奮していただけたのは記憶に新しいです。
そしてこの「クリエイターの皆様を応援する」というコンセプトについては、例えばリリース前に実施していた「声優オーディション」などのように、イラストだけでなく様々な表現を通じてお届けできればいいなと思っております。
クリエイターの皆様が活躍していただける機会を作りながら、たくさんの方に楽しんでいただける企画を気合いで考えてまいりますので、今後とも何卒ジャンパーズをよろしくお願いいたします!