本サイトはプロモーション広告を含みます。#AD#PR

【2023年】テントのおすすめ人気ランキング【徹底比較】

Uncategorized
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプをする際、最も重要なアイテムの一つがテントです。

テントにはドーム型、2ルーム型、ワンポール型など、様々な種類があります。コールマンやスノーピーク、DODといった著名なブランドから様々なモデルが発売されています。これらのテントは組み立て方や居住性が異なるため、どれを選ぶかは一考の価値があります。

今回は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで人気のあるテントをランキング形式で紹介します。どのテントが最も優れた選択となるのか、ぜひチェックしてみてください。また、テント選びの際に留意すべきポイントも併せてご紹介します。

テント選びの際に考慮すべき点は主に4つあります。

  1. 初心者や経験レベルに合わせてテントを選ぶ テントには8種類あり、自分の経験レベルやキャンプシーンに合わせて選ぶことが重要です。初心者には、2ルームテントが適しています。これらのテントは広々としたリビングスペースを提供し、タープの設置が不要です。また、側面にメッシュスクリーンが付いているため、風通しも良く、虫の侵入を防ぐことができます。

ドームテントやワンタッチテントも人気の選択肢です。ドームテントはその名の通りドーム型をしており、取り扱いが簡単です。ワンタッチテントは、傘のように簡単に開くことができ、初心者にも扱いやすいです。

  1. 中級者以上にはワンポールテントやカスタムしやすいツーポールテントがおすすめ キャンプに慣れた人には、ワンポールテントが適しています。これらのテントは1本のポールで支えるタイプで、簡単に設置でき、個性的な外見も魅力です。また、ツーポールテントもあり、2本のポールで支える構造になっています。これらはカスタマイズが可能で、キャンプのシーンや気分に応じて異なる形で設置できます。
  2. ソロキャンプにはドームテントが最適 1人で快適に過ごすためのソロテントもあります。これらは1人用のテントで、ドームテントやワンポールテントが一般的です。特にダブルウォール(2重構造)のドームテントは、快適さと機能性を兼ね備えており、ソロキャンプに最適です。

テントの構造には、ダブルウォールとシングルウォールの2種類があります。ダブルウォールは、結露や雨風に強く、季節を問わず快適に過ごせます。一方、シングルウォールは軽量でコンパクトですが、結露や雨に弱いため、使用状況に応じて選ぶことが重要です。

  1. テントのサイズは「使用する人数+1人」を目安に選ぶ テントには収容人数が明記されています。ソロキャンプ以外では、実際の使用人数より1人分大きなサイズを選ぶと、快適さが増します。家族で使用する場合は、横幅180cm、高さ170cm程度のテントがおすすめです。

また、防水加工されたテントを選ぶことも重要です。耐水圧が1,000mm以上のものは、大抵の雨量に対応できるため、この数値を基準に選ぶと良いでしょう。

キャンプ愛好者の間で高い人気を誇るドームテントに関するおすすめランキングをご紹介します。さらに、ドームテントの選び方に関しては、詳しい記事も用意していますので、そちらも参考にしてください。

トップに輝いたのは、組み立ての容易さ、居住性、機能性を兼ね備えた「ベストバイ ドームテント」です。コールマンジャパンの「タフワイドドームⅤ/300 スタートパッケージ」がその名誉ある1位を獲得しました。このテントは、インナーテントとグランドシートがセットになっており、キャンプ初心者でもすぐに使える点が魅力です。

フレームは軽量で簡単に組み立てられ、色分けがないにもかかわらず、その少なさが迷うことなく素早い設営を可能にします。フライシートの取り付けも容易です。居住性に優れ、通気性が良好で、特に上下のベンチレーターが効果的な換気を実現します。また、広々とした空間で、立っての出入りも楽にできます。メッシュは適度な密度で、蚊帳としても十分な機能を果たします。

ワンポイントの機能として、電源コード用のジッパーがあり、他のメーカーにはない特徴です。サイズはやや大きめで重量もありますが、車での搬送では問題ありません。全体的にバランスの取れた優れた製品で、ドームテントを探している方に最適です。

ランタンフック、インナーポケットの付加、組み立て方式の容易さ、そしてフロアとフライシートの耐水圧など、様々な特徴を備えています。この「タフワイドドームⅤ/300 スタートパッケージ」は、コールマンの信頼性と品質を反映したモデルです。

2位には、キャンパルジャパンの「ogawa ピスタ5」がランクインしました。このテントも、組み立ての容易さと居住性の高さで高い評価を受けています。価格は60,500円で、多くのキャンプ愛好者からの支持を集めています。

このランキングでは、ドームテントのおすすめ製品をご紹介します。ドームテント選びの詳細は、専門記事で細かく解説されていますので、そちらを参照するのが良いでしょう。

ランキングの第2位には、ogawaの「ピスタ5」が入りました。このテントは、価格が60,500円で、サイズは幅280×奥行460×高さ180cm、最大5人まで収容できる設計になっています。重量は約8kgで、収納時のサイズは幅80×奥行23×高さ23cmです。フライの耐水圧は約1,800mm、スカートやキャノピー、電源コード用ジッパーも装備されており、機能性に優れています。

「ピスタ5」は、シームレスなフレーム設計で風通しも良く、設営・撤収が容易なのが特徴です。フレームはクロスフレームタイプで、軽量で扱いやすいです。居住性に関しては、前後に出入口があり通気性が高く、メッシュの網目が蚊帳としての役割も十分に果たします。特に冬季のキャンプにも適しているスカートの存在は高く評価されています。

第3位には、スノーピークの「アメニティドームM」がランクインしました。このテントは最安価格が35,660円で、サイズは幅505×奥行280×高さ150cm、5人(大人2人、子ども3人)を収容できる設計です。重量は約8kg、収納時サイズは幅74×奥行22×高さ25cmです。耐水圧も約1,800mmと、基本的な機能をしっかりと備えています。色分けがはっきりしており、組み立てが簡単な点も特徴です。スノーピークの製品は、その品質の高さで多くのキャンプ愛好家から信頼されています。

タイトルとURLをコピーしました