本サイトはプロモーション広告を含みます。#AD#PR

冬にぴったりの体が温まるキャンプ飯!食材などのポイントも紹介

キャンプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬のキャンプに最適な温かい料理のレシピをご紹介します。

これらの料理は、冬の寒さを快適に過ごすための工夫が詰まっており、アウトドア活動をより楽しむことができます。

 冬のアウトドア料理特集

冬のキャンプでは、体を温める料理が欠かせません。

鍋料理や焚き火を使った料理、体を温める食材の活用など、さまざまな方法で冬のキャンプを楽しむことができます。

アウトドア料理専門のサイト「アウトドアレシピ」では、冬のキャンプにぴったりのさまざまな料理を紹介しています。今回は、その中から特におすすめのレシピを厳選してご紹介します。

この記事では、以下の内容について詳しく解説します:

  • 冬のキャンプ料理でおさえておきたい5つのポイント
  • 鍋料理5種類
  • スープ料理5種類
  • 温かい麺料理5種類
  • 体を温める食材を使用した料理5種類
  • 焚き火を使った料理5種類
  • 温かいデザートとドリンク5種類
  • 冬の朝食におすすめの料理5種類

これらのレシピを参考にすれば、冬のキャンプで美味しく温かな時間を過ごすことができます。家族でのキャンプや一人キャンプにも適した簡単レシピが多いので、この冬のキャンプでぜひ試してみてください。

冬のキャンプで暖かく過ごすためのポイント5選

美味しいキャンプ料理を作っても、寒さで楽しめなければ意味がありません。

そこで、冬のキャンプで暖かく過ごすためのポイントを5つ紹介します。

  1. 鍋料理やスープで体を温める 寒い冬のキャンプでは、鍋やスープなどの温かい料理を楽しむのがおすすめです。これらの料理を食べると体が温まり、寒さを和らげることができます。
  2. 体を温める食材を取り入れる 生姜やにんにく、ねぎなど、体を温める効果がある食材を積極的に取り入れましょう。これらの食材を使うと、寒い季節でも体が温まりやすくなります。
  3. 焚き火を利用して調理 冬のキャンプの醍醐味のひとつは焚き火です。焚き火を使って調理することで、その熱で体を温めることができます。
  4. 温かいデザートや飲み物を楽しむ 食後のデザートや飲み物にも、体を温めるメニューを選びましょう。これらの温かい料理で、冷えた体もほっこり暖まります。
  5. 冷える朝には充実した朝食を 寒い朝は、しっかりとした朝食を摂ることで体温を上げ、一日を元気に過ごすことができます。

体を温める鍋料理5選

冬には欠かせない鍋料理は、キャンプでの食事にも最適です。体が温まり、心も満たされます。キャンプに行くたびに違う鍋料理を楽しむのも良いでしょう。以下に5種類の鍋レシピを紹介します。

水炊きダッチオーブンレシピ

<材料>(4人分) 水:1000cc 鶏肉のぶつ切り:400g 鶏手羽先:500g えのき:1パック 白菜:1/6カット にんじん:1/2本 ねぎ:1本 にんにく:1片 塩:適量

<作り方>

  1. えのき、白菜、ねぎを一口大に切り、にんじんを輪切りにし、にんにくをスライスします。
  2. 水、手羽先、にんにくを鍋に入れ、30分間煮込みます。※灰汁を取ったら蓋を開けずに続けて煮込みます。
  3. 残りの材料をすべて鍋に入れて煮込みます。
  4. 塩で味を調えて完成です。

<ポイント> 鍋の後の〆には、お好みの料理を楽しむのがおすすめです。特に「鶏塩ラーメン」のレシピがおすすめですので、ぜひ試してみてください。

アサリとポテトのクリーミースープ鍋

<材料>(4人分) アサリ(缶詰)…1缶 人参…1本 ジャガイモ…4個 エノキ…1パック キャベツ…1/4個 無塩バター…10g 小麦粉…大さじ2 水…500ml 牛乳…200ml コンソメキューブ…1個 塩胡椒…適量

<作り方>

  1. 人参、ジャガイモ、キャベツを適当なサイズに切り、エノキは根元を取り除く。
  2. 鍋に無塩バターを溶かし、切った野菜を炒める。
  3. 小麦粉を少しずつ加えて炒める。
  4. アサリ缶を汁ごと加え、野菜が浸る程度の水を入れて煮込む。
  5. 野菜が柔らかくなったら牛乳とコンソメキューブを加える。
  6. 塩胡椒で味を調え、さらに煮込んで完成。

<ポイント> アサリの旨味が溶け出したスープは、パンにも良く合います。是非一緒に召し上がってください。

家庭で楽しむ屋台風おでん

<材料>(4人分) 大根…1~2本 茹で卵…4個 好みの練り物(はんぺん、竹輪など)…適量 こんにゃく…1枚 おでんの素…1箱

<作り方>

  1. 大根は皮をむき、一口大に切り、塩水で15分茹でる。
  2. こんにゃくは一口大に切り、別に茹でる。
  3. 卵を茹でて殻を剥く。
  4. 別の鍋でおでんの素を水に溶かし、大根、こんにゃく、卵を入れて30分煮込む。
  5. 練り物を加えてさらに15分煮込む。
  6. 全ての具材に味がしみ込んだら、一旦冷ましてから再加熱して完成。

<ポイント> おでんは家庭でも簡単に作れる料理です。屋台の雰囲気を出すために、カセットコンロを使用するのがおすすめです。

もつ鍋風ホルモン鍋

<材料>(1人分) 冷凍ホルモン鍋セット…1人分 好みのホルモン…100g 鍋用野菜ミックス…1袋 ニラ…4~5本 ★レトルトご飯…1人分 ★トマトペースト…適量 ★ミックスチーズ…適量 ★塩胡椒…適量

<作り方>

  1. 冷凍ホルモン鍋の中身を鍋に移し、弱火で加熱する。ニラは5~6cmに切っておく。
  2. 好みのホルモン(例:シマチョウ、マルチョウ)と野菜ミックスを加え、蓋をして中火で煮込む。
  3. 具材が煮えたら、ニラを加えてしんなりさせる(★マークの材料は後のトマトチーズリゾット用)。
  4. 残ったスープにトマトペーストとレトルトご飯を加え、中火で煮込む。チーズと好みのスパイスを加えると完成。

<ポイント> ホルモン鍋は味付けが濃いめなので、肉の甘みを加えてバランスをとると良いでしょう。

関西風ラムのすき焼き

<材料>(1人分) ラム肉…150~300g 焼き豆腐…1丁 長ネギ…1/2本 しめじ…1/2パック 生卵…1個 砂糖…適量 醤油…適量 サラダ油…適量

<作り方>

  1. 長ネギは適当な大きさにカットし、豆腐は一口大に切る。
  2. スキレットに油を熱し、ラム肉を並べて片面を焼く。
  3. 片面が焼けたら反転し、砂糖を振り、醤油をかける。
  4. 肉が焼けたら溶いた卵につけて食べる。肉汁と調味料が残ったスキレットに豆腐や野菜を加えるとさらに美味しい。

<ポイント> 肉や野菜を追加しながら食べることで、楽しみが増えます。味付けは逐次砂糖と醤油で調整し、お酒と合わせると一層美味しくなります。

タイトルとURLをコピーしました