本サイトはプロモーション広告を含みます。#AD#PR

【2023年】キャリーカート人気ランキング7位~13位

キャンプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャリーカートの市場におけるランキングでは、第7位にはSutekusブランドのキャリーカートが選ばれました。

このカートの最大の特徴は、折りたたみが可能であることです。これにより、持ち運びや収納が非常に簡単になります。さらに、使用者の身長に合わせて2段階の高さ調整が可能な点も大きな利点です。特に、土台部分が27cmと広く設計されているため、走行時の安定性も高くなっています。

DCIM100MEDIADJI_0166.JPG

このキャリーカートの収納時のサイズは幅28cm×奥行39.5cm×高さ8.5cmで、使用時には幅27cm×奥行28cm×高さ95cmになります。材質はアルミ合金を使用しており、耐荷重は50kgとなっています。タイプはハンドキャリーで、荷台のサイズは幅27cm×奥行28cmですが、荷台の容量や本体重量についての詳細は示されていません。

第8位にランクインしたのは、キャンパーズコレクションのエブリデイキャリーです。

このキャリーカートは47cmの深型設計が特徴で、縦長のチェアやテーブルなども立てて運ぶことができ、荷物の安定性が保たれやすいです。また、T字型のハンドルが持ちやすく、収納時にも便利に使用できます。カバーには底板を収納するためのポケットも付いています。

収納時のサイズは幅39cm×奥行20cm×高さ71cmで、展開時のサイズは幅94cm×奥行50.5cm×高さ95cmです。フレームにはスチールが使用され、張り材にはポリエステルが使われています。耐荷重は約80kgで、タイプはキャリーカートです。荷台のサイズは幅75cm×奥行39cm×高さ47cmですが、荷台の容量や本体重量に関する情報は明記されていません。

第9位に選ばれた山善のパワーキャリーカート60について紹介します。

このカートは特に頑丈な角フレームを採用しており、重い荷物をしっかりと支える設計になっています。また、ベース部分も頑丈に作られているため、重い荷物を載せても壊れにくい構造です。大型ホイールの採用により、小さな段差も楽に超えることができます。

収納時のサイズは幅34cm×奥行18cm×高さ56cm、展開時のサイズは幅34cm×奥行46cm×高さ100cmです。素材にはスチールが用いられており、耐荷重は60kgです。タイプはハンドキャリーで、荷台のサイズは19cm×25cmですが、荷台の容量や本体重量に関する詳細は提供されていません。

以上のように、各キャリーカートにはそれぞれ異なる特徴があり、使用者のニーズに応じて選ぶことが可能です。折りたたみ式のカートは携帯性に優れており、深型設計のカートは縦長の荷物の運搬に適しています。また、頑丈なフレームを持つカートは重い荷物の運搬に最適です。これらの情報を参考に、自分にとって最適なキャリーカートを選ぶことができるでしょう。

キャリーカートの市場において、注目の10位にランクインしたのは、CHUMSブランドの「チャムスフォールディングワゴン」です。

キャンプやレジャーに最適化されたこのワゴンは、使用しない時にはコンパクトに収納できる設計となっています。特に女性でも簡単に操作できるように、底面の中央ハンドルを引き上げるだけで簡単に折りたため、テープで固定できます。

収納時のサイズは幅75cm、奥行35cm、高さ22cmで、展開時には幅50cm、奥行107cm、高さ98cmとなります。素材の詳細は不明ですが、耐荷重は約100kgとなっており、ワゴンタイプのカートです。荷台のサイズは幅40cm、奥行80cm、高さ32cmで、その他の詳細については記載されていません。

11位にはサンワサプライの「キャリーカート 100-CART015」が位置しています。

このカートは折りたたみ式で、長い物品も運搬できる開閉式パネルが特徴です。イベント搬入、撮影機材の運搬、アウトドア活動など多様なシーンでの使用に便利です。専用の収納カバーも付属しており、持ち運びや収納も簡単です。

収納時のサイズは幅40cm、奥行27cm、高さ74cmで、展開時には幅52cm、奥行100cm、高さ55cmとなります。フレームはスチール製、収納袋は布製で、耐荷重は約80kgです。タイプや荷台の容量は不明ですが、本体重量は約12kg、荷台サイズは幅88cm、奥行43cm、高さ32cmです。

12位にランクインしたのはロゴスコーポレーションの「LOGOS Tradcanvas 丸洗い長いモノOKキャリーカート」です。

日常使いにも適したサイズで、荷室の後部を開けて長い物品も楽に運べる設計です。ワンタッチ開閉機能により、組立てや撤収も手軽に行え、コンパクトに収納できます。さらに、生地は取り外して洗濯可能で、常に清潔に保つことができます。

収納時のサイズは幅46cm、奥行32cm、高さ81cmで、展開時のサイズは幅129/98cm、奥行49cm、高さ59cmです。底板はMDF製、車輪はポリエチレン製で、耐荷重は約105kgとなっています。タイプはワゴンタイプで、荷台の容量は約117L、本体重量は約12.6kgです。荷台サイズは幅86cm、奥行40cm、高さ34cmとなっています。

13位にはカワセの「キャリーカート BD-334」が選ばれています。

このカートは折りたたみ可能で、コンパクトに収納できる設計です。ゴムバンド付きで荷物をしっかり固定でき、耐荷重は30kgと頑丈で、キャンプや旅行など重い荷物の運搬にも適しています。

収納時のサイズは約305mm×100mm×510mmで、展開時のサイズは約335mm×390mm×855mmです。材質にはスチールとポリ塩化ビニールが使用されており、タイヤは合成ゴムとポリプロピレン製です。耐荷重は30kgで、タイプはハンドキャリーです。荷台の容量は不明ですが、本体重量は約1.7kg、荷台サイズは約335mm×290mmとなっています。

これらのキャリーカートは、折りたたみ式やワンタッチ開閉など、使いやすさと機能性を兼ね備えており、様々なシーンで役立つことが期待できます。それぞれの特徴を生かして、アウトドア活動や日常の運搬作業を効率的かつ快適に行うことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました