本サイトはプロモーション広告を含みます。#AD#PR

【冬キャンプの寒さ対策】寒がりな筆者の服装&防寒アイテムを紹介!子どもの服装も

キャンプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冬のキャンプは予想以上に寒く、特に冷え性の方には厳しい環境です。

筆者自身も寒がりで、冬キャンプの対策には特に気を使っています。今回は、筆者の実際の冬キャンプでの服装や便利な防寒アイテムを、同じく寒さを感じやすい方々に向けて紹介します。

寒いキャンプ場での服装は、昼夜の気温差に対応できるよう、重ね着が重要です。寒さは足元から来ることが多いので、足元の防寒にも注意が必要です。筆者のおすすめは、平均気温に-10℃を見越して服装を選ぶことです。また、お風呂や暖房がないキャンプ場では、体温を保つことが最優先です。

筆者が実際に12月のキャンプで着用した服装は以下の通りです。

  • 超厚手の発熱性インナー
  • 通常のトップス
  • 軽量のダウンジャケット
  • 厚手のフリースジャケット
  • ウールのレギンス
  • 防寒性の高いスカート
  • 防寒ブーツ

日中は動いていると暑く感じることもあるため、インナーダウンや厚手のフリースを脱ぎ着して体温調節を行いました。夜はフリースの上にさらに厚手のアウトドア用シェルを重ね、レギンスの上にはダウンパンツを着用します。

また、ダウン製品は上下揃えておくと安心です。特にダウンパンツは、見た目に抵抗があるかもしれませんが、持っていくと大変便利です。下半身が暖かいと快適に過ごせますので、お試しください。低価格で購入できるなら、ワークマンの製品もおすすめです。

アウターには、防風性や防水性を兼ね備えたアウトドアウェアが最適です。自然の中でのキャンプでは風を防ぐことが重要で、アウトドアウェアはその点で非常に役立ちます。

冬キャンプでは、風速1メートルごとに体感温度が1℃下がるとされています。そのため、フリースのような通常のアウターだけでは風を直接受けてしまい、防風性の高いアウトドアウェアが推奨されます。たとえば、ノースフェイスのシェルジャケットはそのような用途にも適しており、オシャレなデザインで人気です。

足元からの冷えは特に女性にとっての大きな問題です。ウール素材の厚手ソックスやレギンス、タイツを履くことで、下半身を温めることが可能です。また、就寝時に足が冷たい場合は、厚手のソックスを用意しておくと安心です。筆者自身も、降雪時には靴の中にミニカイロを使用しています。

冬キャンプで便利な持ち物としては、ネックウォーマーや手袋、ニット帽、膝掛けなどが挙げられます。これらは日常で使うもので十分で、忘れずに持って行くことが大切です。

子どもの冬キャンプでの服装に関しては、日中は活発に動くため、公園で遊ぶ時と同様の綿素材がメインの服装で問題ありません。夜はフリースなどの中間着を追加し、ボトムも厚手にするか重ね着すると良いでしょう。また、汚れて着替える必要があることも考えて、多めに持参することをおすすめします。

冬キャンプは虫が少なく、星空が美しく見えるなど、贅沢な時間を過ごすことができます。寒さに慣れていくと、冬ならではのキャンプの楽しみ方が見つかるはずです。しっかりと防寒対策をして、冬キャンプを楽しんでみましょう。

100円ショップのダイソーでは、コストパフォーマンスの高いキャンプ用品が増えています。特に注目すべきは、ダイソーで販売されている『アルミ風よけ(コンロ用)』。この風防は幅66cm、高さ24cmというサイズで、OD缶直結バーナーやカセットコンロにも適用可能な優れものです。市場にある同様のアウトドアブランド製品と比べても1,000円以上しますが、ダイソーでは税込550円で手に入ります。風防がまだない方や追加購入を考えている方には、このアルミ風よけがおすすめです。

ダイソーの『アルミ風よけ(コンロ用)』は、8枚のアルミ板を連結したもので、特にOD缶直結バーナーに対応しており、風をしっかり防いでくれます。全て広げると幅は66cmになり、カセットコンロ用の風防としても利用可能です。また、ダイソーではこの他にも異なるタイプの風防を提供しており、その中には分離型ガスバーナーや1合用メスティンに収納可能なコンパクトタイプなどがあります。

ダイソーのアルミ風よけのおすすめポイントはそのコストパフォーマンスの良さです。通常のアウトドアギアメーカー製品が1,000円以上するのに対し、ダイソーでは550円で購入できるため、コストを抑えたいキャンパーには最適な選択肢です。さらに、地面に固定することも可能で、使い勝手の面でも申し分ありません。

ダイソーで販売されているアルミ製の風よけは、キャンプ用品として大変便利です。特に注目すべきは、地面に固定できるストッパー(ピン)が付属している点です。このストッパーは風よけの両端に配置されており、地面に約3cmまで挿入することができます。ただし、硬い地面への強引な挿入は破損のリスクがあるため注意が必要です。

さらに、このアルミ風よけには収納ケースが付属しており、収納サイズは8.3cm×24cmと非常にコンパクトです。アルミ製で軽量なため、ハイキングやバイクツーリングなど、荷物を軽くしたいシチュエーションにも最適です。

ただし、購入時に付いている保護フィルムがはがしにくいという点は注意が必要です。フィルムをキレイにはがすためには、アルミ風よけを一度分解することが推奨されます。分解すると、フィルムをスムーズにはがすことができますが、その際には端のパーツと中間のパーツを間違えないように注意しましょう。

このアルミ風よけは、コストパフォーマンスが高く、キャンプ愛好家にはとても便利なアイテムです。しかし、人気商品のため品薄になることもあるので、気になる方は早めにダイソーを訪れてチェックすることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました